フランチャイズで独立・開業100件以上のフランチャイズを比較検討できるポータルサイト

ビジネスモール

ITTO個別指導学院

ITTO個別指導学院

ITTO個別指導学院は、お客様とメディアからご注目いただいている学習塾フランチャイズです。未来ある子どもたちを、将来に向かってはばたかせるというやりがい。投資を抑えながらも、安定的な経営が見込まれる事業性。この、やりがいと事業性の両立を実現するフランチャイズそれが、全国に1000校舎(2015年3月突破!)展開するITTO個別指導学院チェーンです。

業 種
教育
主要商品
学習塾
開業資金
800万円
ロイヤリティ
詳細は事業概要でご確認下さい
資料請求リストに追加
資料請求リストとは?

ITTO個別指導学院のフランチャイズ情報です。フランチャイズで独立・開業を検討する時には、できるだけ多くのフランチャイズ本部の資料を比較・検討することが大切です。

  • 事業概要
  • 収支モデル
  • 開業までの流れ
  • 理念
  • 先輩の声
  • 説明会

目標は10校舎!画期的なプログラム「7つの習慣J(R)」で地域社会の教育に寄与したい。

的野 吉男オーナー
地元で95年続く企業「株式会社的野物産」の代表取締役社長。新規事業として、学習塾経営を選択し、ITTO個別指導学院に加盟。2018年2月に香月校、2020年7月に祇園校を開校。今後は10校舎の展開を目標としている。

Q1.新規事業検討の理由、その中でも学習塾を選んだ理由は?

地域に根ざした企業として、ガソリンスタンドの運営、家庭用のLPガスやガス器具の販売、ガス工事などを展開してきました。 しかし、電気などの代替エネルギーが続々と生まれ、ガソリン需要は減少傾向。 長く会社を続けるため、新たな収益の柱となる事業を立ち上げることを決意しました。 新規事業として手がけることにしたのは、学習塾経営。 次世代を担う子どもたちの成長をサポートし地域の役に立ちたいという想いが強かったですね。しかし、私を含め、社内に子どもの指導に携わった経験がある者はおらず…。 FCに加盟し、ノウハウを得ることが堅実な道だと考えたんです。

Q2.ITTO個別指導学院を選んだ理由は?

加盟の決め手は、「7つの習慣J(R)」。自分の意思で、自分の将来を創り上げていく力を養うという他に類を見ないプログラムの目的が塾経営に託した私の想いと共通していたんです。
また、事業を進める上では、資金の話は避けて通れません。20名の生徒を確保してからロイヤリティが発生することに加え加盟金を生徒数に応じて段階的に支払うという制度も。
事業をスタートしやすい仕組みも、ITTOならではだと思います。

Q3.加盟後のプロセスは?

2018年2月に加盟し北九州香月校を開校。立ち上げから開校、開校後も手厚くサポートしていただき新しい事業に対する不安を感じる間もなかったですね。
開校3ヵ月で損益分岐点と考えていた生徒30名を達成できました。その後も順調に生徒数を伸ばすことができ、開校して2年を迎える前に100名を突破できました。
1校目の投資回収も終わり、2020年7月には、2校目となる北九州祇園校を開校しました。加盟時の目標だった複数校舎の展開を実現!2校目も立ち上がりは順調で開校半年で50名を突破することができました。
本業のガソリンスタンドやLPガスを利用されているお客様のお子さんやお孫さんが入塾するというケースも増えてきました。そうしたお客様との関係性が深まっていることも嬉しいですね。
また、月に一度の会議には、本部SVの方も参加してくださいます。その時々の課題について、的確にアドバイスをいただけることが、とても有難いです。

Q4.今後の目標は?

私は経営に専念し、教室運営は教室長に任せるという体制で10校舎を目途に校舎を展開したいと思っています。
今後は、「7つの習慣J(R)」が一般カリキュラムと両輪となる運営をすることが目標。
「7つの習慣J(R)」のプログラムを受講する生徒さんをさらに増やしたい。香月校、祇園校ともに、生徒数120名が目標。学習塾を通じて、人間力を伸ばす教育を実践し、地域に貢献していきたいですね。

今だから笑える話
順調だった生徒数の伸びが鈍くなったことがあったんです。そのときは正直焦りました でも、それは杞憂でした。
新学期の4月前後は生徒数が増え、6月くらいに伸びが鈍化。夏期講習でまたぐっと増える…という塾業界の季節指数。
教室運営を1年続けると、季節によって生徒数の伸びが違うということを実感したんです。事前に業界の勉強をもっとしておけば、焦らずにすんだかもしれませんね。

加盟3年半で小田原酒匂校・富士駅南校など10校舎を展開を実現。今後は「15年で30校舎」が目標

鷲津 範彦オーナー
静岡県裾野市で運送、飲食、福祉、教育、物販の事業を行う「株式会社 静翔運輸」専務取締役。新規事業の立ち上げを担い、2018年10月に加盟し小田原酒匂校を開校。現在までに10校舎を展開している。

Q1.学習塾を選んだきっかけは?

我が社では、静岡エリアや神奈川エリアでの運送事業を中心としながら飲食事業など事業の柱を増やしてきました。
さらなる収益の柱として注目した分野のひとつが、教育事業です。選んだのは、少子化の中でもニーズが高まっている個別指導塾。少ない人数で教室を運営できることも魅力でした。

Q2.ITTO個別指導学院を選んだ理由は?

教育業界未経験からのスタートだったので、運営ノウハウを得るために、FCに加盟することを決意。8社から資料を取り寄せ、4社の本部の方とお会いした中でITTO個別指導学院に加盟した理由は、大きく2つ
1つ目は信頼と実績
飲食事業でもFCに加盟していますが、FC本部を選ぶポイントとしているのが長く運営していること、そして今後も成長が見込めること。
ITTO個別指導学院は、26年の実績とノウハウがあり、教室数を拡大し続けています。そうした点でも「この本部なら大丈夫!」と確信しました。 2つ目は「7つの習慣J(R)」。
学力アップはもちろん、人間力をも高められる学習塾であること。それが私の思い描いていた学習塾像と合致したことが決め手でしたね。

Q3.加盟後のプロセスは?

2017年10月に加盟し、小田原酒匂校を開校。親身になった手厚いサポートと、スピーディな対応が心強かったですね。
2校目の富士駅南校は、2017年12月に経営譲渡という形で運営を開始。「多校舎展開」という目標を、1校目の開校から2ヵ月で実現できました。
そして、3年5ヵ月目となる現在は、静岡・神奈川エリアで10校舎を展開しています。

学習塾経営のやりがいのひとつは、生徒さんの人生をサポートできること。経営に専念している私も教室長をやりたいくらいです!
月に一度は各校舎を回り、教室長と直接話をしています。7校舎の教室長とは、週に一度オンライン会議を実施。その会議には本部SVの方も参加し、課題を共有し、アドバイスをしてくださいます。これまで加盟したFCの中でも、とても親身になってくれる本部ですね。

Q4.今後の目標は?

現在は、10校舎で社員16人、講師70人体制。生徒数は430人を超えています。「5年で10校舎」という当初の目標の実現も1年半前倒しで達成できました。
「7つの習慣J(R)」を教えるための研修を教室長をはじめとする社員たちも受けていますが「7つの習慣J(R)」でやるべきことが社員の共通言語となることはもちろん、彼らの仕事に対する意識がアップし、組織として成長していると感じます。
子どもたちの成長をサポートするという社会貢献に寄与しながらも塾で働く社員たちに「教室長になる」「エリアマネージャーになる」など夢を与えられるのも、経営サイドの人間としては嬉しいですね。
今後は「15年で30校舎」まで校舎数を増やしていきたいと考えています。

営業職から個別指導塾オーナーに!目標は8校舎

茨木玉櫛校・南茨 木校・枚方招提校
前田 直樹オーナー
医療機器メーカーなどで営業職として18年勤務していたが、40歳で独立を決意。1年半の準備期間を経て、2014年6月にITTO個別指導学院 茨木玉櫛校を開校。現在は、南茨木校、枚方招提校を含め、3校を展開している。

Q1.独立検討の理由、その中でも学習塾を選んだ理由は?

会社員として営業職を18年続けていましたが、営業方針などの決裁権に限界があることに加え、当時の会社の評価基準にも疑問を感じていました。
そんな私が独立を決意したのは、40歳のとき。町工場を経営していた父から「いつかは一国一城の主に」と言われて育ったことも独立を後押ししてくれましたね。
独立するとはいえ、イチから立ち上げるのは厳しい…。そこで、FCに加盟してノウハウを得ようと考えたんです。さまざまな業種を検討して選んだのが、個別指導塾。少子化であっても子ども1人あたりの教育費は増加しており特に個別指導塾の需要が高まっていることが決め手でしたね。ロイヤリティが比較的低いことも、学習塾を選んだ理由です。

Q2.ITTO個別指導学院を選んだ理由は?

独立を決意してから開校までの期間は、1年半ほど。実は初めてITTO個別指導学院のFC本部の方に相談に乗っていただいたとき私の準備や資金計画の甘さを指摘していただいて準備期間を1年延長することを決めたんです。
親身になった対応と、一人ひとりのオーナーの成功を本気で考えてくださる姿勢に感動!
「この本部なら信頼できる」と確信し、加盟を決めました。
もうひとつの理由が、「7つの習慣J(R)」。
知れば知るほど、ビジネス書『7つの習慣』の考え方に惹きつけられたんです。ITTO個別指導学院だけが扱えるコンテンツであるいうことも決断のポイントでしたね。
2014年1月に退職し、本格的に準備を開始。2014年6月に茨木玉櫛校を開校しました。

Q3.加盟後のプロセスは?

独立前の事業計画通り、3年目で2校舎、5年目に3校舎と順調に拡大中!
1校目は周囲に20以上の個別指導塾がある激戦区で、なかなか生徒数が伸びなかったんです。
本部の広告戦略を実践するとともに、心がけたのは入塾してくださった生徒さんをしっかりとサポートすること。一人ひとりに全力で対応する姿勢を貫いたことで、口コミで生徒数も徐々に増え、経営も軌道に乗りました!中には、体験授業を受けて半年後に兄弟で入塾してくださった方もいるんですよ。
この仕事の醍醐味は、子どもたちの成長を見守れること。「分かるようになった」「勉強が楽しくなってきた」という言葉が最高に嬉しいですね。
自分の将来のために勉強するのだと理解してくれたことを実感できた時の喜びは何物にも代え難いです。
講師は大学生が多く、彼らの成長も楽しみのひとつ。通っていた生徒さんが講師になって戻ってきてくれることもあります。彼らが教えることを通して、自分を磨く姿を見るのが喜びですね。
また、本部のサポートで心強かったことが、先輩オーナーを紹介してくれたこと。開校前から現在までお付き合いが続き、昨年には先輩オーナーの校舎を見学する社員研修も行いました。社員や講師と交流する機会も大切にしています。私も授業に入ることがあるので、講師と同じ目線で授業に関する議論ができていますね。
仕事のストレスが減ったことに加え、プライベートでは家族との時間も増えました!

Q4.今後の目標は?

7年目の現在は、3校舎で社員3名、講師20名ほど。8年で5校舎、10年で8校舎が最低目標。10年後には経営の多角化も視野に入れています!

多田オーナー
心の育成を通じて社会に送り出す地域貢献の実現

1.加盟の経緯

数多くあるFC本部の中でITTO個別指導学院を選んだのは、デザインの良さは言うまでもありませんが、低投資での開校が可能であり、ビジネスモデルとして提案幅が広いこと、そして何より、初心者でも安心して運営できる仕組みと、成功に導いてくれる仕組みがあることです。今後出店を進めていく上で未経験者を採用し育成、運営していかなければなりません。その時に重要になってくるのが教室長の力量に頼ることなく業績をあげることができるか、であることを経験上重要視しておりました。一人ひとり、1校舎1校舎それぞれ課題は異なります。社員のスキル、マインドを高める課題別の研修、仕組みがあることも大きな魅力的でした。また、コマーシャルによる広告宣伝活動に頼っていないにも関わらず業界トップクラスの平均生徒数を誇っていたり、多くの方が複数校運営を実現していることも、大変良いビジネスモデルであることの証拠であると確信をしました。今後の教室展開において希望の立地が見込めること、開発担当の対応の早さと熱意も最終的な決め手となりました。
私は新卒の頃より個別指導業界大手の塾にて勤務をしてきました。各塾長への教室運営や成績理、教務的指導と共に組織作りに関わる貴重な経験を活かし、生まれ育った近隣地域の子供たちにより密着した事業を通じて自らの組織作りを強く望むようになりました。個別指導塾では各生徒のニーズに合わせた対応を求められる中、より密接に心の育成に携わることができます。生徒数や売上だけにとらわれることなく、次世代を担う子供たちをどのように社会に送り出すかを真剣に考えた教室運営を目指し地域貢献を実現させます。

2.今後の目標

2018年6月に1校舎目が開校となり、お陰様で今では100名を超える生徒数になりました。2校舎目は2020年6月に開校し、こちらも70名を超えるようになりました。この後は複数校舎展開をしていく上で人事等含め本社機能を担う中心校舎にしていきたいと考えています。3校舎目以降についても何かあればすぐに直接対応ができるよう、近隣地域にこだわりながら10校舎以上の展開を目標にしていきます。
生徒の育成のためには社員、講師が成長しなくてはなりません。国の教育方針転換期でもあり、千差万別の子供たちへ、成績だけでなく進路を含め今後の人生においてどのような選択をしていくのか、全員が良きアドバイザーになれるよう、まずは私自身が成長に対する努力を続けます。

3.経営ポリシー

心の育成を通じて社会に送り出す地域貢献をすることが理念です。そのためにスタッフ全員が与える影響の大きさをしっかりと自覚し生徒保護者に接していく必要があります。人生には失敗が伴ってしかるべきであり、その過程をどう過ごしていくのかを大切にしていきたいと思います。まずはスタッフ全員が感謝の気持ちと前向きな姿勢で過ごし、スピード感をもってニーズだけではなく顧客視点でのサービスを提供し続ける。そのためには各家庭とのコミュニケーションと連携を密にとり、その子がどうなって行きたいのか、どうなってほしいのかを真剣に考え一緒に成長していける環境づくりを目指します。
学校生活とテスト、進路選択と受験を通じて子供たちの心の教育のために、常に情報チャネルを磨きながら、我々ができることをすべてやり切り地域貢献へとつなげてまいります。

4.加盟検討される方へメッセージ

私がITTOに加盟した理由は、1:1、1:2、1:3、集合授業、テスト前直前講座、英会話、7つの習慣J等、幅広いコンテンツがあり、生徒に合わせてプランを提案できることです。
また、研修体制が充実していることと、他校舎からの成功事例を具体的に共有いただける等、初心者でも成功できる仕組みがあることも他の本部以上に信頼が高いと確信をしました。校舎内外のデザイン、環境面は全く他塾とは異なり、サービス業としての当たり前の基準が高いことも安心感に繋がりました。



資料請求リストに追加
資料請求リストとは?
資料請求はこちら