フランチャイズで独立・開業100件以上のフランチャイズを比較検討できるポータルサイト

ビジネスモール

リハビリ特化型デイサービス『カラダラボ』

リハビリ特化型デイサービス『カラダラボ』

「在宅最後の砦となる」というビジョンのもと、『まちつくミライ』構想(地域の大規模多機能モデル)を掲げ、在宅ケアサービスを総合的に展開しており、現在全国に118施設。法改正に柔軟に対応し、地域づくりに発展させることを目指しています。​

業 種
介護・福祉
契約期間
8年間
開業資金
950万円
ロイヤリティ
月間15万円
資料請求リストに追加
資料請求リストとは?

リハビリ特化型デイサービス『カラダラボ』のフランチャイズ情報です。フランチャイズで独立・開業を検討する時には、できるだけ多くのフランチャイズ本部の資料を比較・検討することが大切です。

  • 事業概要

地域の在宅医療・介護、障がい福祉をテーマに複数業態が織り成すビジネスモデル

仕事のやりがい・魅力

「在宅最後の砦となる」というビジョンのもと、『まちつくミライ』構想(地域の大規模多機能モデル)を掲げ、在宅ケアサービスを総合的に展開しており、現在全国に118施設。法改正に柔軟に対応し、地域づくりに発展させることを目指しています。​

複数業態の組み合わせにより、さまざまな経営環境や法改正に合わせた 事業展開を可能にします!

フランチャイズ事業の説明

【リハビリ特化型デイサービス カラダラボ】 生活改善にフォーカス、ご利用者様の症状や目標に合わせた個別計画をもとに介護リハビリテーションを実践。 効果検証をもって計画やプログラムの再編につなげる「介護リハビリテーションマネジメントサイクル」を開発し、 学会での症例発表の実績も多数。 【中重度対応型デイサービス らいふてらす】 日常生活を再現した空間で生活参加型リハビリを実践し、限りなく実生活に近い自立支援を行う。 入浴に関する機能の評価プログラム「入浴動作評価」を導入。 【訪問看護ステーション 八重の看護】 医療連携により医療と介護のシームレスな流れをつくり、在宅療養を支援。 デイサービスが全国42,000超に対し、訪問看護ステーションは7,400程と圧倒的に不足! 【児童通所支援センター ラブアリス】 障がい児童が、日常生活力を高め社会性を身に付けていくためのプログラムを実践。 利用対象者は10年で71.4%増。施設不足が顕著である。

あなたが住む街の2025年の姿を想像できますか?

フランチャイズ事業の説明

2025年に、約800万人の団塊世代が75歳以上の後期高齢者となり、 介護費は2014年度の2.1倍となる21兆円になる見通しです。(2025年問題) また、高齢者は2025年まで急増し、そこで高齢化が鈍化すると思われがちですが、 実は2025年以降、85歳以上人口の増加が続くのです。 マーケットとしては、唯一の成長産業を言っても良いくらいですが 一方、公費でそれを支え続けていく社会保障制度の在り方は、 非常に難しいものになっていきます。 厚生労働省が推進している「地域包括ケアシステム」は、 「在宅シフト」がカギとなり、これには医療と介護が切れ目なく、一体的に提供される体制が必要です。 まさに、弊社が提案する在宅ケアのトータルパッケージは、 異業種参入、多角化経営等、さまざまな経営環境に最適なビジネスモデルです。

100施設以上あるが故に既存施設の力がつく仕組みこそがグループの強み

フランチャイズ事業の説明

本部と加盟店が縦の関係を構築するのではなく、 同じ思いを持つ仲間が増え、横の関係を強化できるフランチャイズシステムの独自スタイル「会員制」を導入しています。 日々現場で起こっている成功事例や失敗事例をリアルタイムで全施設に共有され、 サービス品質の向上に反映され、さらにはチェーン全体の成長に繋がっていく仕組みの一部ご紹介します。 <グループ機関誌の発行> グループおよびご利用者様やご家族、ケアマネジャーが必要とする情報や、社会参加イベントへの取り組み、各施設の好事例や画期的な取り組みを冊子にまとめ、定期発行しています。 <会員専用サイト> Web上で、各現場の成功事例や失敗事例がリアルタイムで共有され、中でも質疑応答コーナーでは、どんどん情報が蓄積されていく仕組みになっています。また、研修動画や現場の必要書式等が常に更新され最新の状態で閲覧が可能になっております。

フランチャイズ募集要項・契約情報

フランチャイズ概要

FC名
リハビリ特化型デイサービス『カラダラボ』

開業資金

開業資金
950万円
内訳
※詳細は説明会にてご案内します

募集要項

年齢
不問
対象
個人・法人

契約条件

契約期間
8年間
ロイヤリティ
月間15万円
募集エリア
全国

会社プロフィール

会社名
株式会社ヒューマンリンク
事業内容
ヒューマンリンクは、2010年創業のソーシャルベンチャーです。 「社会的不利を世の中から撲滅する」という思いで 未来の街づくり「まちつくミライ」構想(地域の大規模多機能モデル)を掲げ、 リハビリ特化型デイサービス「カラダラボ」を主軸に 中重度化予防デイサービス「らいふてらす」 居宅介護支援事業所「在宅ケアセンター」 訪問看護ステーション「八重の看護」 療養通所介護「ランプの貴婦人」 児童通所支援センター「ラブアリス」、「ハウルの丘」と 在宅医療・介護、障がい福祉事業を総合的に展開。 現在、北海道から沖縄まで全国に123施設を展開中です。
企業理念・特徴
多様性を尊重し、身体的、精神的、社会的自立を 柱とした新しい共生社会を実現する。 人々が健やかに暮らせる地域社会づくりと健康福祉医療の増進に 寄与することを目的とし地域社会の問題に果敢に挑戦します!
代表者
田中 紀雄
本社
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西3丁目1-8
ホームページURL
http://www.human-link.co.jp/
設立
2010年8月
資本金
1億3,300万円(資本準備金含む)
従業員数
120名
資料請求リストに追加
資料請求リストとは?