フランチャイズで独立・開業100件以上のフランチャイズを比較検討できるポータルサイト

ビジネスモール

うなぎ亭 一座

うなぎ亭 一座

「うなぎ亭一座」は少人数・小スペースで運営が可能!さらに廃棄ロスも少ないので経費を大幅に削減できる上に、坪単価売上が高く高収益が期待できます!営業効率・事業経費・物理的ロスが極めて高い次元でバランスが取れている、まさに理想の飲食業です!

業 種
飲食
開業資金
659万円
資料請求リストに追加
資料請求リストとは?

うなぎ亭 一座のフランチャイズ情報です。フランチャイズで独立・開業を検討する時には、できるだけ多くのフランチャイズ本部の資料を比較・検討することが大切です。

  • 事業概要

え、うなぎ屋?と思われましたか。今の時代に勝てるポイントが凝縮。未経験・開業可能

仕事のやりがい・魅力

「うなぎ亭一座」は少人数・小スペースで運営が可能!さらに廃棄ロスも少ないので経費を大幅に削減できる上に、坪単価売上が高く高収益が期待できます!営業効率・事業経費・物理的ロスが極めて高い次元でバランスが取れている、まさに理想の飲食業です!

うなぎ専門店の魅力! “客単価は高く”“経費は安い”“食材ロスが少ない”等々、メリット多数!!

フランチャイズ事業の説明

群雄割拠の飲食業にあって、今の時代にあったビジネスモデルは何か。 少ない投資でいかに安定した収益を生み出すか… 資本力に負けない商売とは… 多くの課題を乗り越え実現したうなぎ専門店。 【わずかな坪数で開業ができる】 8坪ほどの小スペースからでも開業が可能です。 その分家賃も低く固定費が抑えられます。 多くの設備が必要のないうなぎ専門店だから収益性を確保しながら実現できるオペレーションを提供します。 【小人数・家族経営も可能】 人手不足が騒がれる昨今、簡単オペレーションなので少人数のスタッフでの運営が可能です。 ご夫婦、ご家族で運営することも可能です。 【平均単価3,500円で高収益】 他の飲食業と比較して数が少ないうなぎ専門店。 加盟店様もランチタイムから盛況、ディナーはアルコールも提供するので単価が上がります。 【食材ロスが少ない】 うなぎにメニューを絞る事で、多くの飲食業と比べ食品ロスが少なく廃棄が少ない。

うなぎ亭一座のノウハウとは!

フランチャイズ事業の説明

【高度な調理技術は不要】※飲食未経験者可能 一流の職人でも難しいとされる「さばき」の行程は本部が代行。その後加工されて焼くだけの状態でお店に届くので、オーナーの仕事は最後の仕上げ(焼く)だけ。 さらに、厳選した七人の職人によって生み出されたオリジナルのタレと備長炭を使って焼き上げることで他には真似のできない極上の味を提供します。 【安定したうなぎの仕入れ】 安定してうなぎを仕入れられさえすれば、うなぎ屋は成功すると言われることもあるぐらい仕入れルートの確保はうなぎ屋にとってとても重要です。 自社で独自の仕入れルートを持っている為、安価で安定してうなぎを仕入れることができます。 【集客力に自信あり】 テイクアウトもご用意していますので、プラスαの集客が見込めます。 又、需要喚起や営業時間の指導など店売上アップと経営効率が向上するよう指導します。

うなぎ亭一座 開業の魅力とは!

フランチャイズ事業の説明

【小資本で開業ができる】 セントラルキッチン方式を採用。 多数の厨房設備を揃える必要もなく、小スペースで開業できるので物件取得やその他関連する費用など初期投資が抑えられます。 【未経験から始められる】 調理、接客をはじめ、店舗運営に必要なことは開店前の研修で習得する事ができます。開業後もサポートがあるので安心です。 【新規参入が少ない業界】 高い技術力と長年の経験が必要とされることから新規参入者が少なく、昨今の他業態に見られるような低価格競走に巻き込まれたり、流行に振り回されることもありません。 又、大手チェーン店なども存在しませんので資本力の違いで翻弄される心配もありません。

フランチャイズ募集要項・契約情報

フランチャイズ概要

FC名
うなぎ亭 一座

開業資金

開業資金
659万円
内訳
加盟金180万円、研修費72万円、店舗取得費100万円、店舗改装費300万円、厨房設備費120万円(中古)、厨房備品33万円、ホール備品41万円、家具35万円、看板30万円

募集要項

対象
個人・法人

契約条件

募集エリア
全国

会社プロフィール

会社名
株式会社ハローバンク
事業内容
総合経営コンサルティング 新規事業開発 パッケージライセンス事業 店舗開発事業
代表者
橋本 太郎
本社
兵庫県姫路市飾西60-1
支店
東京・名古屋・大阪・福岡
ホームページURL
http://ichiza.th33.com
設立
2008年10月
資本金
1千万
資料請求リストに追加
資料請求リストとは?