独立・開業を目指す全ての人を応援するBMフランチャイズ

FCをもっと知ろう!

住宅フランチャイズビジネスとは?

今や、様々な業種に広がるフランチャイズビジネスですが、住宅建築の分野にもあるのをご存知ですか? 住宅フランチャイズと呼ばれる仕組みは、住宅建築のフランチャイザーが提供するノウハウを使い、フランチャイジーである工務店が住宅建築を請け負うというものです。この住宅フランチャイズの大手である、LIXIL住宅研究所の例をもとに、住宅フランチャイズ...

のれん分けからフランチャイズへ ~2つのパン屋の物語~

2月8日付の『Net IB News』が、「福岡県久留米市に本社を置き、『キムラヤ』の屋号で小売り店舗を展開していた老舗パン店、(株)木村屋が1月31日、全店舗を閉鎖し事業を終了した」と報じています。「木村屋は、あんぱんを考案した東京の(株)木村屋總本店からのれん分けを受けた企業」です。 (株)木村屋總本店のウエブサイトを見ると、代名詞...

世界に拡がる日本発ブランドが未来を作る

少し前に、世界のフランチャイズビジネスの上位企業をご紹介しました。20位までには入っていなかったものの、日本発ビジネスとしてトップに輝いたのが、40位のKUMON(公文)でした。皆さんもよくご存知の「公文式学習」が、世界に拡がっているのです。 一体“KUMON”はどのように世界に出て、世界に拡がっていったのでしょうか。その歴史を少し振り...

医療的ケア児×チョコレート=新規FCへ

そこは一見普通のチョコレート店。でも、ちょっと、一味違うんです。 2017年5月16日付の『読売新聞』によると、名古屋市名東区に、たんの吸引や栄養注入などが日常的に欠かせない「医療的ケア児」の保護者が、子どもを預けながら働けるチョコレート店がお目見えしました。 半田市の社会福祉法人「むそう」が運営し、2階の通所施設に子どもを預けて、1...

カンボジアでのフランチャイズ起業に熱い注目

都市人口と中産階級の増加―――カンボジアでは、今後も多くの外国ブランドのフランチャイズ企業が出現するのでは、と『クメールタイムズ』紙が報じています。 「フランチャイズ&ライセンシングカンボジア展2017」では、食品や飲料だけでなく、教育やサービス分野など、マレーシア、シンガポール、フィリピン、韓国、タイなど18カ国45ブランド以上のフラ...