FCをもっと知ろう!

フランチャイズも健康志向

オーガニックがキーワード

健康機器メーカーのタニタプロデュースの「タニタ食堂」は、ビジネスの中心地、丸の内から日本を元気にしていきたいと、2012年に「丸の内タニタ食堂」をオープン。以来、最新の計測機器を使った体組成の計測と、食事や運動のアドバイスといったカウンセリングサービスも行うなど、人気を博してきました。

そのタニタが、今度はカフェ事業に乗り出します。5月下旬、JR有楽町駅構内に旗艦店「タニタカフェ有楽町店」を出店。「心の健康づくり」をコンセプトとして、有機野菜を使ったオリジナルメニューを提供するのだそうです。

『IT Media』によると、提供される予定のメニューは、「有機野菜ともち麦のサラダボウル」「有機野菜と和だしの米麺(フォー)」など、旬の有機野菜の味わいを生かせるように開発したとのこと。ドリンクメニューでは、「かむ」スムージーとして提案する「カムージー」(500~700円程度を想定)を提供。オーガニック豆乳と野菜のスムージーに、カットフルーツやこんにゃくゼリー、豆腐などをトッピングして、さまざまな食感を楽しめるそうです。

フランチャイズ店も含めて、2022年までに全国100店舗の展開を目指します。

 

一方、幼児教室「EQWEL(旧:七田)チャイルドアカデミー」のフランチャイズ展開事業を手掛ける株式会社EQWELも新機軸を打ち出しました。

EQWELの幼児教室に通う親御さんへ向けて「子育てをはじめとした、健やかな生活において必要な、信頼できる生活用品・食材・健康食品など」を提供したいと、株式会社インユーと業務提携。EQWELチャイルドアカデミーのフランチャイズ各教室・直営店向けに、オーガニックオンラインマーケット「IN YOU Market」サービスを提供するとのこと。

早速「IN YOU Market」のウェブをのぞくと、グルテンフリーの食材やコスメ、健康グッズなど、こだわり抜かれた商品が並んでいます。

同社代表、松浦愛さんの「買い物はその人を表わす行為。沢山の中から、何を買うか、どんな企業から買うか。何気ない行動も全て未来につながっていきます」という言葉にも納得です。

フランチャイズの世界にも押し寄せる、健康志向&オーガニックの波。さらに多くの企業が参画すれば、多様性もますます増してくることは間違いありません。