FCをもっと知ろう!

IOTが買物を変える日がやってきた

先日、近所のユニクロに買い物に行くと、セルフレジを利用するよう促されました。

スーパーマーケットで使ったことがあったので、商品ひとつずつのバーコードを読み取り機にかざして清算するものだと思っていたら違いました。カゴを清算用棚に置くだけで複数の商品の読み取りは完了。あとはお金を払うだけであっという間に終了です。

ユニクロやGUで採用されているこのセルフレジ。実現するための技術は、RFID(radio frequency identifier)と呼ばれるタグにあります。

一見すると普通のタグのように見えますが、実は中にIDチップと小型アンテナが一体化した回路が挟み込まれています。このRFIDに、製品IDなどの情報を書き込んであるため、無線電波で一瞬にしてカゴの内容物を読み取ることが可能になりました。

実は、このRFIDは価格が高くなかなか普及しませんでしたが、ユニクロやGUというアパレル大手が全店で採用することで、一気に価格が下がったそうです。今後の普及に勢いが付きそうですね。

さて、ユニクロのセルフレジは、買い物の最後のフェーズである決済部分を顧客が担うことで、レジを担当する人手を減らす効果を狙ったものですが、これを一歩進めより顧客の購買行動に働きかけるIOT技術を利用しているディスカウントストアがあります。

。その技術は、トライアルカンパニー(福岡)の直営7店舗で導入されている「スマートレジカート」です。この「スマートレジカート」は、カートにタブレットが装着されているもので、会員専用のプリペイドカードでログインすると、カートに商品を入れるだけで、直接スキャンが行われます。

また、清算はボタン一つで完了となり、レジを通る必要はありません。と、ここまでの話はユニクロのセルフレジと商品スキャンのタイミングと方法が変わっただけの様に思いますが、実はこの「スマート」という言葉に秘密があります。カートのタブレット画面には、クーポン商品を表示したり、メーカーのCMを流したりするばかりか、今カートに入れた商品情報を元にしたレコメンド情報を流すことができるのです。

たとえば「鍋用の魚を買った人には、メーカー協賛中のポン酢をオススメする」「鶏胸肉を買った人には新発売のオーガニック茶をオススメする」など、顧客の特性にあったレコメンドによって、より成功率の高い販促活動ができます。

そのうち、「同じものを昨日も買ってましたが、大丈夫ですか?」などと、カートに冷蔵庫の中まで察知される日が来るのかもしれませんね。

私たちの日々の買い物が、様々な技術で変わってきています。これらを実現するためには、RFIDなどの回路やアンテナ、タブレットなどのハードウェアの普及が必須なのはもちろんですが、それを使うためのソフトウェアが揃ってこそ活用が可能になります。

たとえば、ユニクロではセルフレジが並んでいる場合、ある買い物カゴの中身だけをひと固まりとして認識しないと、隣の買い物まで読み取ってしまいます。そのために、箱型の見えないエリアを作り、その中だけを認識する技術が使われてます。

益々スピードアップするIOT技術開発は、私たちの生活を大きく変えていくことでしょう。なんだか煩わしいと感じるのではなく、未来を拓く大切な一歩と考えて、遅れない様について行きたいと思っています。