FCをもっと知ろう!

コンビニ新機軸

時短営業など、これまでの経営の形の変革を迫られているコンビニ業界。さらなる進化を目指したこんなコラボレーションも話題を呼んでいます。

『WWD Japan』によると、「アーバンリサーチ」が「ファミリーマート」とフランチャイズ契約を締結し、2020年2月12日にコラボレーション店舗として「アーバン・ファミマ!!虎ノ門ヒルズビジネスタワー店」を開店。今後は都内のオフィスタワーでの多店舗化を目指します。

コンセプトは、「次世代のコンビニエンスストア」ということで、「サステナビリティ」をキーワードに両社が持つノウハウを融合させて、新たなライフスタイルを提案。店舗面積は約580平方メートルで、「ファミマ!!エリア」は約316平方メートル、「アーバンリサーチエリア」は約280平方メートルです。

『ファミリーマート』ウェブサイトによると、「株式会社生活スタイル研究所」が店舗をプロデュース。余分な湿気を吸収する卵の殻を再利用したエッグウォール(壁紙)や、使用済みのコーヒー豆など、多岐にわたる廃棄物を利用したリサイクル内装ボードなどを採用しているとのことです。全体の70%にサスティナビリティな要素(仕上げ・什器)を取り入れ、環境に配慮した店舗作りとなっています。

また『アーバンリサーチ』ウェブサイトによると、「アーバンリサーチエリア」では、廃棄衣料をアップサイクルする「commpost コンポスト」やトラックのタープ幌をリサイクルしたスイス発ブランド「FREITAG フライターグ」のバッグ、エシカルなファッションを推進する「かぐれ」のオーガニックコスメなどを扱います。

「ファミマ!!エリア」では、「食の充実」「利便性の向上」「憩いの時」「お土産」に力を入れた売場づくりとなっているとのこと。

両者の間に位置するカウンターでは、昼はスムージー、夜はクラフトビールや、ファミマ!!食材を使ったアレンジメニューを提供。

ヨガのワークショップやオフィスワーカー同士のネットワーキングを目的とした各種イベントなども企画され、都心のワーカーコミュニティのハブステーションとしての役割を果たすことが謳われています。

コンビニにも、便利+αが求められる時代。これまでもスイーツやキャラクター物とのコラボによる新商品開発は行われてきましたが、今後もリアル店舗でのコラボの動きは続いていくのでしょうか。これからの展開から目が離せません。