用語集

二重価格

例えば「定価1万円を特別特価、なんと半額の5千円で販売」という場合、本当に普段1万円で売っているものを期間限定等で値下げしているのなら二重価格ではありません。

ですが、1万円などという値段で売った実績がないものや、通常マーケットでそんな価格では流通していないものを、さも通常定価は1万円なのに50%も値引きしていると思わせるような印象操作が行われた場合、これを二重価格と言います。

二重価格は景品表示法によって禁止されている不正行為で、違反した場合は罰金もしくは懲役などの罰則が科せられる場合がありますので、価格表示には十分にお気をつけください。

用語集インデックスに戻る