用語集

インバウンド

もともとの言葉の意味は「外から内に向かって入る」ということです。

それが転じて、色々な分野で使われています。

企業の営業に欠かせない電話の場合、顧客(外)から会社(内)に掛かってくるものを「インバウンド」と言います。
反対に会社から営業電話を顧客に掛ける場合は「アウトバウンド」です。

また、海外から日本にやってくる旅行者を指す場合もあります。

この場合の「インバウンド」は、インバウンド景気、インバウンド需要などの言葉があるように、日本経済に大きな影響を及ぼします。

用語集インデックスに戻る