用語集

コンバージョン型フランチャイズ

フランチャイズ本部が、すでに営業している同業の企業と契約し、その既存の事業に自社のサービスマークを使用させることによってネットワークを広げ、ノウハウを共有することで合理化し、さらなる展開を目指すフランチャイズ形式です。

加盟する側の企業は、すでに知名度のあるフランチャイズ本部のブランドを使用することで信用を得ることができ、システムを利用できるメリットがあります。
その性質上、個人は加盟対象とはなりません。

“コンバージョン”は“転換”という意味なので、転換型のフランチャイズと言えばイメージをつかみ易いでしょう。不動産業界などで、この手法がよく用いられています。

用語集インデックスに戻る