用語集

介護保険・介護保険事業

介護保険とは介護が必要な状態であると認定された場合支給される保険のことです。

公的介護保険と民間介護保険の2種類がありますが、公的介護保険は40歳以上の人は全員加入して保険料を支払います。65歳以上は、“第1号被保険者”となり所定の要介護状態になった場合は無条件で保障を受けられます。40~64歳の人は“第2号被保険者”で、末期がんや早老症など老化に起因する16種類の特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。

介護サービスを利用したい時は、いきなり介護施設や介護サービスに行っても介護保険は適用されません。まず、対象者が介護が必要な状態であることを公的に認定(要介護認定)される必要があります。

この介護保険適用のサービスには、訪問介護や通所介護(デイサービス)などがあります。介護保険支給対象となる介護サービス事業者は、厚生労働省の開設基準を満たした上で都道府県から指定を受け、サービスを提供し、その利用料の1割を利用者から徴収、残りの9割を各都道府県の国民健康保険団体連合会から“介護報酬”というかたちで受給します。

高齢化社会の日本においては、今後も市場拡大が見込まれる成長産業ですが、数年に一度行われる制度変更には注意する必要があります。

用語集インデックスに戻る