用語集

屋号、商号

ビジネスの場面で出てくる“屋号”とは、お店の名前・あるいは事業の通称です。
それに対して“商号”は、法人登記された正式な会社の名称です。

商号は会社を登記する場合必ず付けなければならず、またひとつの会社はひとつの商号しか持つことができません。屋号はその会社が経営するお店や事業形態ごとに付けることができるので、ひとつの会社にいくつもの屋号がある場合があります。○○株式会社が△△屋という屋号を持つお店と××亭という屋号のお店を運営していてもまったく差し支えは無いわけです。

用語集インデックスに戻る